もらいものは何でも好ましいものですが、今までもらったものの中で印象深かったものは、多分リングだ。

再び何年も前の話ですが(笑)
元旦那からもらったリングは今でも貴重においてあります。
依然当時相互高校だったので、デートといえば近くのモールで。
しょっちゅういくモールに行った際、何気なしにジュエリー店頭をぷらり。
当時は高校だったので、自分の指のサイズは何合なんだろうなーくらいの軽い気持ちで面白く試着させてもらい、お店を後にして、ランチをたべていると、「ちょっとすまん便所!食べながら待ってて!」といった当時の家内が会社を出てしまい、
1人物寂しくごはん。
1人物でご飯を食べて控えるって、ただいまっと戻ってきて、何にもなかったかのようにそれからもっぱら普通にデートし帰国。
それから2人でテレビジョンを見ていると、「うん!これ!」と器を手渡され、開けてみると真昼2人で見ていたペア指輪。
1つで10000短時間。2つで2万短時間講じるリング。
今でもパッと出せるような総額ではないのに、ましてや当時は高校。
頑張ってアルバイトした元本を貯めて貯めて買ってくれたもので、快くて嬉しくて、毎日のように擦り込みました。
その後延々とあり、お別れすることになり、作り上げることもなくなりましたが、俺にとりまして、至極懐かしいもので嬉しかったお手伝いだ。
自分もこんな風に吊り上げる顧客の心に留まるような貰いものが出来たらというおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です